妊娠中は適度の運動が望ましい

妊娠中には激しい運動は控えた方が良いのですが、適度な運動は妊婦さんに必要です。

たとえば、散歩であったり、水中歩行、マタニティヨガなどがオススメです。

散歩も天気の良い日に外に出て、お腹の中の子どもに話しかけたり
子どもが生まれてからの生活を考えたりするのも幸せですよね。

運動不足により肥満の原因や胎児の異常な成長などが懸念されますが
適度な運動は気分転換にもなりますし、マタニティブルーなど
精神衛生上にも非常に良いのです。

適度な運動はデメリットと呼べるものはほとんどなく、むしろメリットだらけ。

実はトップアスリートなんかも妊娠後期までは大会に出場していたりすることもあり
激しい運動も大丈夫なのではないか、という説もあるくらいです。

激しく運動し過ぎて流産したという話は聞かないので、本当かもしれませんね。

ただ、リスクがあるなら避けるのは必要です。

息切れするまで走ったり、息継ぎをせず無理な水泳をしたり、結果としてお腹の子どもに
異常が出てしまってはもともこもありません。

大切な赤ちゃんです。

体を鍛えるというよりも気分転換や楽しみながらのスポーツがいいでしょうね。